コレナニ.com

「これ何?」と気になる日常のアレコレを解説していきます。

風邪の対策

スチーム式、気化式、超音波式…加湿器ってどれが良いの?説明します。

2016/06/05

1c55457f30d0408877181771fd4bb19b_s

冬は乾燥する季節ですよね。肌が乾燥したり、手がひび割れたりするのもイヤですが、なにより乾燥した状態のままだと喉をやられたり、咳や風邪などが怖い所だと思います。

そのため、乾燥対策として、みなさん加湿器を使っているケースもあると思いますが、よく話題になるのが、「スチーム式とか気化式とか超音波式とか色々種類があってよくわからない」という話ではないでしょうか。

私も加湿器を買う前に、悩んだ点だったので、今回、加湿器の種類と良い点・悪い点をご紹介します。

 

 

加湿器はおおまかに三種類ある

加湿器はおおまかに三種類に分類できます。※細かい話をすると、三種類を組み合わせたハイブリット型などもありますが、余計ややこしくなるので、今回は割愛

その三種類というのが、①スチーム式 ②気化式 ③超音波式です。

 

①スチーム式の加湿器ってどんなもの?

それでは、まずスチーム式の加湿器から。これは文字通り、水を加熱して、水蒸気にして加湿するタイプの加湿器です。
イメージとしては、ヤカンや電気ケトルから出ている水蒸気をイメージしてください。

↓スチーム式で売れている象印さんの加湿器もまんま電気ケトルの構造をしています。

スチーム式のメリット・デメリット

スチーム式は実はその他2つのタイプに比べて、雑菌対策ができるというのがポイントです。

加熱して水蒸気を出すので、水の雑菌は消毒されますし、他の加湿器と違って、フィルターがないので、フィルターにカビが生えることもありません。

ただ、一方で、電気代がかかるというのがデメリットとしてあげられるでしょう。

 

②気化式の加湿器ってどんなもの?

次に気化式の加湿器をご説明します。

気化式の加湿器は、水を含んだフィルターに風を当てて、空気を加湿する仕組みです。
イメージとしては濡れたタオルに扇風機を当てて、加湿するイメージですね。

 

気化式のメリット・デメリットは?

気化式は、スチーム式に比べて電気代がかからないことや、静音であることが良いポイントです。
寝室でずっと加湿をしたり、一日中つけておきたいので、静かな加湿器の方が良い…という人にオススメです。

ただ、デメリットとして、手入れが大変ということが挙げられます。
フィルターを定期的に清掃しないとカビが生えますので、細かな掃除が必要です。

 

③超音波式の加湿器ってどんなもの?

超音波式は、水に超音波を当てて、水を細かな粒子にし、加湿をするタイプです。

霧吹きよりももっと細かい粒にして、散布するイメージですね。

↓超音波式は、静かで、コンパクトな作りなので、寝室用のアロマデュフューザーになっているケースが多いですね。

超音波式のメリット・デメリットは?

超音波式は、気化式と同じく電気代が安いのが特徴です。また、気化式のようなフィルターはないので、掃除も比較的ラクにできるでしょう。
また、音も静かで、アロマデュフューザーになっているものも多いので、静かに寝室を加湿してくれます。

ただ、やはり弱点もあり、水を微粒子にしているため、加湿式に比べて雑菌対策が難しいです。
もし、水が古かったり、雑菌が繁殖していると、空気中に雑菌を放出してしまうことに成ってしまいます。

 

スポンサーリンク
 

加湿器は、自分の性格や用途で選ぶと良いと思います。

ざっくりと、スチーム式・気化式・超音波式の説明をさせていただきました。

私は、ズボラな正確で、掃除が苦手なので、スチーム式にしました。

↓象印のスチーム式加湿器。掃除が電気ケトルと一緒で、クエン酸の洗浄剤をポットに入れて、洗い流すだけなので、すごいラクです。

ただし!加熱式は手入れが簡単&雑菌対策ができるとはいえ、やっぱり音が大きいですよね。(要は沸騰しているわけなので)

そのため、結局、寝室用には、超音波式の加湿器を買ってしまいました…。やっぱり静かで良いです。香りセットできるし。

↓Amazonのセールで2,890円だったので、1シーズンで使い倒して、来年は新しいやつを買おうと思っています。
(あんまりエコではないですが、やっぱりズボラなので掃除がめんどくさい…。)

というわけで、私は部屋にスチーム式・寝室に超音波式の二段構えで乾燥対策をしています。

自分で言うのも何ですが、意外といい組み合わせだとおもいますよ!もしよろしければ、試してみてください。

 

以上、「スチーム式、気化式、超音波式…加湿器ってどれが良いの?」という話でした。

 

 

こちらの記事もどうぞ



-風邪の対策