コレナニ.com

「これ何?」と気になる日常のアレコレを解説していきます。

引っ越し

引っ越しするときに車庫証明の手続きはどうすれば良いの?解説します

引っ越しをする場合、自動車を持っている方は当然、自動車の保管場所も変わることとなります。

自動車を保管しようとする場合には「車庫証明(自動車保管場所証明)」という手続きをする必要があります。

車庫証明の手続きをする際にはどのような書類が必要となるのでしょうか?

また、車庫証明の手続きはどこで行う必要があるのでしょうか?

今回は、引っ越しをする場合に必要となる車庫証明の手続きについてご説明します。

 

 

車庫証明とは

車庫証明とはどのような手続きなのでしょうか?

車庫証明は、正式名称を「自動車保管場所証明」と言い、その名の通り自動車の保管場所であることを証明するための手続きです。

車庫証明の申請は、自動車の保管場所を管轄する警察署に対して行います。

車庫証明の申請書は管轄の警察署にあり、また、インターネットで様式をダウンロードすることもできます。

 

車庫証明を取るための条件

車庫証明を取るためには、いくつかの条件があります。

・自動車の使用の本拠の位置(自宅等)から自動車の保管場所までの距離(地図上の直線の距離)が2km以内であること。
・正当な権利に基づいて自動車の保管場所を使用していること。
・自動車の保管場所に、自動車全体が入る大きさがあり、道路からの出入りが容易であること。

これらの条件を満たすことで、車庫証明を取ることが可能となります。

 

車庫証明に必要な書類

車庫証明の手続きに必要となる書類は、自動車の保管場所によって異なります。

例えば、自宅の自身が所有する敷地内に自動車を保管使用とする場合、主に以下のような書類が必要となります。

・自動車保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・自動車の保管場所の所在図、配置図
・自認書(保管場所使用権原疎明書面)

 

月極駐車場等を借りて自動車を保管する場合には自認書の代わりに、自動車の保管場所の所有者から保管場所を使用することを承諾された旨を証明するための書類が必要となります。

自動車の保管場所の賃貸借契約書の写し(コピー)や、保管場所使用承諾証明書といった書類を添付することができます。

 

保管場所使用承諾証明書には、自動車の保管場所の所有者に必要事項を記入してもらいましょう。

また、車庫証明の申請をする際には「収入証紙」が必要となります。

「収入証紙」とは、地方自治体が条例に基づいて発行するもので、行政手続きの際の手数料や租税を納付するための金券のことです。

地方自治体ごとに手数料は若干異なりますが、自動車保管場所証明申請書は約2000円、保管場所標章交付申請書は約500円ほどとなっています。

収入証紙は切手のように書類に貼って納めます。

 

スポンサーリンク
 

車庫証明の依頼は行政書士がオススメ

車庫証明の手続きは自分で行うこともできますが、引っ越しをして間もない頃は忙しい場合も多いため、行政書士に依頼することをオススメ致します。

行政書士に車庫証明の手続きを代行してもらう場合には「委任状」が必要となります。

行政書士に支払う報酬が必要となりますが、安い事務所であれば5000円ほどで依頼することができます。

また、引っ越しをして住所を変更した場合、自動車の車検証の変更登録をする必要があるため、車庫証明と一緒に依頼するのも良いと思います。

 

引っ越しをして自動車の保管場所が変わった場合、車庫証明の手続きが必要となります。

車庫証明の申請は、自動車の保管場所を管轄する警察署に対して行います。

申請書に添付する書類として、自動車の保管場所の所在図と配置図、自動車の保管場所を使用する正当な権利があることを証明する書類が必要となります。

また、収入証紙を購入して申請書に貼り付ける必要があります。

 

こちらの記事もどうぞ



-引っ越し