コレナニ.com

「これ何?」と気になる日常のアレコレを解説していきます。

引っ越し

引っ越しで出てきた粗大ゴミや不用品。どうすれば安く片付けられる?!

さぁ、いよいよ引っ越し!役所の手続きに引っ越し業者の手配、新しい家も探さなきゃ。

でも、ちょっと待ってください。それも大事だけど、おうちの中の荷物、どうします?

今まで見ないことにして押し入れの中に隠れていた粗大ゴミに、不用品。考えるだけで頭が痛くなりますよね。

それではこれから、いかに効率よく、出来るだけお金をかけずに処分していくか、私の体験を交えながらお話しいていきたいと思います。

 

 

【1】まずは、引っ越しまでの期間を逆算してみましょう

引っ越しまで2ヶ月あるのか1ヶ月なのか、それとも2週間しかないのか。それによって段取りが全然違ってきます。

でも、ここでとにかく一番に確認していただきたいことは、今、お住まいの市町村の『粗大ゴミ・資源ごみの収集日』の確認です。

引っ越しの日までに、収集日があと何日あるのか。これによって、一番に片づけていくゴミが変わってくるのです。

もし、うっかりしていて粗大ゴミの収集日が終わってしまっては、あとは各自治体のリサイクルプラザや粗大ゴミセンターに持ち込みか、自分で粗大ゴミを処分してくれる業者を探すしかありません。

こういったお金は、引っ越し前には倹約したいところですよね。

 

スポンサーリンク
 

【2】押し入れの中のものを全部出してみましょう

いただきもののタオルセットにコーヒーカップのセット。読まなくなった本にガラクタのようなおもちゃ。

もう、見るだけでどうしようって考え込んでしまいそうですが、まず、本当に必要なものとそうでないものを分けていきましょう。

ここで大事な作業は『本当に必要なもの』かどうかです。

安かったからと、似たようなものが何個もありませんか?この際、思い切って処分しましょう。

そうして出てきたものが『粗大ゴミ・不用品』です。そして、ここからが大事なのですが、とにかくこれを一旦、『すべて売る』方向で考えます。

 

【3】リサイクルショップを利用してみましょう

まずはリサイクルショップを使ってみましょう

状態の良い家具や電気製品をお持ちで、自分でお店まで持ち込めない場合は、専門のリサイクルショップに電話をして、見に来てもらいましょう。

運よく買い取ってもらえればよいのですが、もしこの時に『買取はできませんが、引取りだけなら致します』と言われたら、ただでも良いので持って帰ってもらいましょう。そうでないと、あとで結局はお金を払って処分とゆうことになります。

 

最近は、引っ越し会社と提携している買取業者もあります。

そして、提携している分、物によっては少し高めに引き取ってくれる場合もあります。

これをまず業者に確認して、家まで見に来てもらうのもひとつの方法です。

ただ、先ほどもお話しましたように、すべてが売れるわけではありませんので、ご注意ください。

 

私の体験談…貴金属は、何件か見積もりを取りましょう

私の場合は引っ越しまで1ヶ月を切っていて、しかも粗大ごみの収集日は終わったばかりでした。

自分の車に乗るだけの不用品を積み込んで、リサイクルショップに行きました。

 

査定には40分ほどかかったでしょうか。服に靴にコーヒーカップ、カバンに本。

その他、軽四に乗せていった不用品が、なんと3万円近くの金額になりました!

自分にとってはガラクタでも、必要な人にとっては宝なのだぁと感心しながらも、捨てなくて良かったと本当に思いました。

それと、私の持ち込みしたリサイクルショップは、買い取ってくれなかったものも、処分をお願いしたら、そのまますべて引き取ってくれました。

これも、持込みしたお店に確認してみてください。

 

ところでこれは余談なのですが、貴金属やバックなんかは、何件か見積もりに行ったほうが良いかもしれません。

これは知り合いの話なのですが、貴金属のリサイクルショップにダイヤの指輪を持っていったら、1万円の金額が付いたそうです。

そこで知り合いは、今度は質屋さんに行ったそうです。そうしたら何と、そこでは6万円の金額がついたとか。

この金額の差が何かはわかりませんが、貴金属やブランド物をお持ちの場合は、何件かお店に足を運んでみても良いかもしれません。

 

【4】ここからが本当の『粗大ゴミ・不用品』です

売れなかった物・引き取ってもくれなかった物。さて、これを処分するのに必要なのが【1】でお話ししました『粗大ゴミ・資源ゴミの収集日』です。

そして、実はここでも倹約できるのです。

これは私が引っ越しの時に実際に行ったことなのですが、粗大ゴミを自分の車に乗せて市のリサイクルプラザに持込みをしたら、100キロまでは500円ということでした。

私が持込みしたのは98キロだったそうで、500円で済みました。もしこれを個別に収集に来てもらったら、ざっと計算して4千円近い金額になってしまうところでした。

こちらも各市町村によって違うと思うので、ぜひ確認してみてください。

時間のない方、お車のない方は、決められた曜日を守って粗大ゴミ・不用品をお出しくださいね。

 

【5】引っ越しのちょっとしたコツ

引っ越しするときに、時間がないから取りあえず新居に持って行って、あとでゆっくり考えようと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし『取りあえず』持って行ったものは『取りあえず』新居でも使わないまま置いておく可能性が高いと思います。

それと、これはその時の引っ越し業者さんから聞いたお話なのですが、実際に荷物が多すぎて新居に入らず、玄関に山積みの段ボールと、半泣きのお客様を置いて帰ったことが2回ほどあったそうです。

 

私は、せっかく新しい場所に行くのだから、古いものは極力捨てていきました。

いま流行の断捨離ですね。

新しいおうちでは、荷解きの手間がかからず、いちにちですべての箱を開くことが出来ました。

物がない生活は、お部屋もすっきりして本当に気持ちがいいものです。

 

皆様、どうぞ、荷物も心も軽く、新しい生活をお迎えくださいませ!

 

こちらの記事もどうぞ



-引っ越し