コレナニ.com

「これ何?」と気になる日常のアレコレを解説していきます。

行事・イベント

お墓参りに持っていく花は何が良い?その他気にするべきマナーとは?

お盆やお彼岸などにお墓参りに行こうと思ったときに、どんな花が良いのか悩んだことはありませんか?

せっかくお墓参りをしたい気持ちがあるのに、相応しくない花を持って行ってしまうのではないかと気がかかりになりますね。

お墓参りが初めてという方なら、なおさら、マナーも気になってしまうのも当然です。

今回は、お花のマナーをお伝えします。

 

 

生花か造花のどちらが最適?

家で咲いた花でもお店で買った花でもOK

やはり、ご先祖様の喜ぶ花といえば生花が相応しいでしょう。

自宅の庭で咲いた菊、アルストロメリア、矢車草、百日草などでも構いません。

何も買ってきた花が一番というわけではないのです。

菊が定番なのですが、それ以外でも季節に応じた花を選んでも大丈夫です。

 

造花が相応しいときもある

造花はお墓参りで使えないのかと思われるでしょうが、必ずしもそうとは言い切れません。

季節によってお墓参りに相応しい花が入手できないこともあるでしょう。

また、お墓を汚さないという意味で造花を選ぶ方もいます。

 

注意をして欲しいのが、汚さないからいつまでも造花を放置して良いというわけではありません。

生花と造花では、圧倒的に生花を選ぶ方が多いのが一般的ですね。

やはり、真心を込めて花を選びたいというときは、生きている花の方が伝わりやすい魅力を持っているからではないでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

どんな色がおすすめ?

具体的にどんな色の花がおすすめかといえば、白・赤・黄・紫・ピンクです。

どれもきれいな色合いであり、奇抜な印象を受けるものでもありません。

多くの花は、このような色合いを満たしているものですので、それほど色選びに悩まなくても問題ないでしょう。

亡くなってからまだ日が浅いときに納骨をしたときなどお墓参りをするときには、遺族の場合、やや色味を抑えた白や黄を選ぶこともあります。

 

相応しくない花はあるの?

では、相応しくない花はどんなものがあるのでしょうか?

バラやアザミなどの棘があるものは選ばないようにしましょう。

また、ユリは香りの強いものもあるので避けた方が良いですね。

香りだけではなく、ユリの花粉が墓石などに着くと落としづらくなるからです。

 

その他、意外に思われるかもしれませんが、毒を持っている彼岸花、スイセンは避けるのが良いと言われています。

毒性、棘、香りの強さというのは、縁起の悪さに結び付くと考えられているためです。

知らずに持って行った場合でも、同行者から誤解を招いてしまうこともあるかもしれません。

できれば、相応しくない花として覚えておけばそういった誤解を招くことも避けられるでしょう。

 

花はそのままで良いの?

花は、基本的にお墓参りでそのまま挿したままで問題ありません。

管理されている墓地であれば、片づけてくれることもあります。

ただ、遠距離からのお墓参りでしばらく遠ざかる場合で管理者が居ない場合には、その場で持ち帰るのが賢明です。

せっかくの花ですが、放置することで墓石が汚れてしまうことの方は、ご先祖様に良くないからです。

持ち帰ってから、仏壇にお供えするのではなくそのまま処分をしましょう。

お墓参りでご先祖様への気持ちは、充分伝わっていると考えられるので再利用はしないのがマナーです。

 

花はあらかじめ挿せるように整える

花はあらかじめお墓に行ったときにすぐに挿せるように、大まかにでも長さを揃えて無駄な葉を取り除いておきましょう。

お墓に行ってから整えようとするとハサミを持って行かなければなりませんし、周辺に葉や茎がちらかってしまうこともあります。

筆者もそのように自宅で準備してから、お墓で花を手間なく挿せるようにしています。

 

まとめ

初めてのお墓参りやあまり行く機会が少ない方は、花やマナーで悩んでしまうこともありますね。

このような花の選び方を心得ておくと迷うことなくお墓参りの準備ができます。

ぜひ、参考になさってみてはいかがでしょうか?

 

こちらの記事もどうぞ



-行事・イベント