コレナニ.com

「これ何?」と気になる日常のアレコレを解説していきます。

冷え症

男性なのに冷え性?手足が冷えるなら要注意!原因と対策を説明します

2016/06/05

C777_kotatudesabisikuMBA500

冷え性は女性だけとは限らない!?

冷え性といえば、女性特有の症状のように思われですが、実は男性も冷え性の人が多く、20代の4人に1人は冷え性とも言われています。

特に手足などが冷えてしまい、体調不良や肌荒れ、腹痛などかなりの悪影響も出てしまっているようです。

そもそも、冷え性は自律神経の乱れや血流不全により、血がうまく全身を循環していないことにより生じるものです。

男性に比べてホルモンバランスや自律神経が乱れやすく、また、筋肉量が少ないことから女性が冷え性を訴えるケースがほとんどでした。

しかし、最近では、男性の症状も増えているというのです。

 

 

男性の冷え性は現代病とも言えるかもしれない

fas
※http://blog-imgs-15-origin.fc2.com/n/o/n/nonor/fas.jpegより引用

男性の冷え性の原因は様々あると言われていますが、やはりオフィスワークによるストレス・自律神経の乱れ・運動不足・栄養不足が大きいとされています。

オフィスワークで座りっぱなしで長時間作業しているのはもちろん、日々日々大きなストレスを感じながら仕事をすることで自立神経は乱れていきます。

また、忙しさにかまけて運動不足になったり、ついつい食事をおろそかにして、カップラーメンやジャンクフードなどですませがちなビジネスマンも多いでしょう。

冷え性の症状は特に手足の冷えが顕著にでるため、特に冬の寒い時期には、手足が氷のように冷たい状態が続くようであれば、冷え性を疑った方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク
 

冷え性の対策と改善方法について

まず、冷たいものの摂取をなるべく避けましょう。

水を飲むときもなるべく常温の水分をしっかりと摂取することをお勧めします。(最近はコンビニでも常温の水を売っていますよね)

人間の身体というのは、内臓をとにかく温めないと生死に関わるので、血流はまず内臓に集中します。

その内臓に冷たい飲み物を入れてしまうと、身体は頑張って内臓を温めようと血液を集中させます。

そうすると、手足に血がいかなくなり、冷え性は悪化する可能性があります。

なるべく温かいものを摂取して、手足に血流がいくようにしましょう。

 

また、運動はふともも、ふくらはぎを動かすジョギングが良いです。

心臓から離れれば離れるほど、勢いが弱くなるのが、血流なので、一番血が戻りづらく、冷えやすいのは、足と言われています。

ふとももとふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれていますが、足の筋肉を鍛えて動かすことに、よって、心臓へ血を循環できるようになるわけです。

とはいえ、ジョギングは「寒すぎて無理!」というひともいるでしょうから、その場合は、スクワットとかかとの上げ下げ運動をするところから始めてみるのはどうでしょうか。

 

食事のポイントは「たんぱく質」と「身体を温める野菜」です。

まず、前述の通り、しっかりと足の筋肉を動かし、血流の改善をすることが重要なので、まずは、筋肉をつけるたんぱく質をしっかりと摂取しましょう。

鶏肉、豚肉、牛肉など動物性たんぱく質をとることも重要です。

それから身体を温める野菜は、根野菜が挙げられます。(例えば、レンコンやさつまいも、さといもなんかですね。)

瓜科などの夏野菜は身体を冷やしますが、根野菜は身体を温める効果があるので、季節の野菜をしっかりと食べることが重要です。

 

生活改善と合わせてサプリも

サプリメントは個人差で効く、効かないが大きいので一概には言えませんが、個人的には、高麗人参とイチョウ葉のサプリメントはかなり効果がでました。

 

特にイチョウ葉は毛細血管の拡張効果があるとうことで飲んでみたのですが、氷のように冷たかった手足に血流が戻り、ポカポカしてきたので、個人的に相性がよかったのかなと思い、今でも時たま飲むようにしています。

ただ、あまりサポリメントに頼りきりでもいけないと思うので、根本治療ということで日々の生活で改善する方が良いかとは思います。

ただ、足先が冷えすぎて夜にねれないなどの症状があるようであれば、一度試してみる価値はあるかもしれません。

 

おまけ:冷え性の私がいろいろ試して、本当にオススメできる冷え性グッズをご紹介しています。

冷え性の私が試して、本当にオススメできる冷え性対策5つのグッズ

 

 

こちらの記事もどうぞ



-冷え症