この症状なんだろう.com

気になる症状について解説します。健康・美容のメディアです。

人気記事 蓄膿症、慢性鼻炎

オフィスに行くと鼻水が止まらない!という方に

2017/12/21

OZP86_kahunsyounokisetudesune500

スポンサーリンク
 

オフィスに行くと急に鼻水が出る!

家にいる分にはなんともないのに、会社に行くと急に鼻水やくしゃみが出るということはないでしょうか。

それはオフィスのほこりによるアレルギー性鼻炎の可能性が高いと思われます。

アレルギー性鼻炎は、カビやダニ、ペットの毛、花粉、ハウスダストなどのアレルゲンにより鼻炎になる症状で、日本の3人の1人はこの症状が出ているとも言われています。

 

スポンサーリンク
 

なんでオフィスだとアレルギー性鼻炎がでるのか

オフィスは空気の入れ替えのできない空間で、更に、カーペットのため、埃が溜まりやすい構造になっています。

さらに、パソコンやプリンターなどのOA機器も埃を溜め込み、かつ内蔵しているファンで塵をまき散らすので、空間に埃が散りやすいことになっています。

そして、閉鎖空間+OA機器+大きな空調の三連コンボで空気が乾燥しやすく、埃が舞い上がりやすいというなんともホコリだらけの空間という訳です。

 

たかが鼻炎とあなどれないアレルギー性鼻炎

鼻水が出るなら、かめば良いでしょ、と症状がでるまでは思ってしまうものですが、たかが鼻炎とあなどっては行けません。

鼻炎は呼吸を妨げ、集中力に著しく悪い影響を与えます。

また、花粉症のような季節性ではなく、ホコリによるアレルギー性鼻炎の場合、空気が乾燥する冬にかけて悪化し、咳喘息やアトピー性皮膚炎、喉の炎症など、その他の合併症を引き起こす可能性があります。

それに、職場で年中鼻をかんでいたら、示しがつかないですし、商談中になかなか鼻水をかみずらいこともあるでしょう(笑)

 

アレルギー性鼻炎の対策をどうするか

まずは、耳鼻科で診断してもらい、薬を処方してもらいましょう。

鼻の粘膜などを診てもらい、アレルギー性か風邪なのかを診断されるケースが多い様です。

処方される薬は、アレルギーの反応を抑える抗アレルギー剤や、鼻粘膜の症状を抑えるステロイド剤になるかと思います。

それから、薬を飲んでおいてもアレルゲンが多ければ、症状がでてしまいますので、まずは掃除が必要です。日々を通して、ホコリを吸い込まない方が良い訳ですから、家の掃除、それからオフィスの自席の掃除は習慣にして、なるべく吸い込むホコリの量を減らしましょう。

そして、家にもオフィスにも空気清浄機を置くことをお勧めします。 「空気清浄機ってなんか高そーだし…」なんて思うかも知れませんが、最近は、結構お買い得な価格になっていたりします。

私もAmazonで買ってみましたが、格段にホコリは減りました。普段仕事で掃除なんてできるか!なんてズボラな人にはおすすめです。

 

B001CSFKWC.01

こうやってみるとコンパクトで部屋に置いても悪くないのではないでしょうか。

さらにさらに、最近は、オフィスでも使えるボータブル空気清浄機なんてものも登場している訳です。

 

B005UTFPHE_01

USBで動くタイプなので、オフィスで作業しているだけ起動しておけば、電気代云々とうるさく行ってくる人も少ないでしょう。これだけコンパクトであれば、そこまで悪目立ちしないですし!

 

最後に…体質改善にも取り組みましょう

アレルギー物質を取り除く、もしくは取り込まないようにする方法と、アレルギー症状を抑える投薬治療を書いてきました。

しかし、できれば、薬に頼らず、多少のホコリでも大丈夫なようにしたいですよね…。

とういうことで、体質改善に取り組み方法についても書いてみます。

まずは、ヨーグルトを毎日食べましょう。ヨーグルトには、ご存知の通り、乳酸菌が入っていますが、これは善玉菌により腸内の環境を整備するだけでなく、免疫系のバランスを整える効果があると言われています。

また、ヨーグルトの種類も重要で、乳酸菌が腸内まで届くような製品を定常的に食べることが必要です。

即効性は低いですが、アレルギー症状が出やすい冬の前から日常的に乳酸菌を接種することで、免疫細胞のバランスが崩れるのを防ぐことができるそうです。

 

▼私は、日々のヨーグルトと合わせて、「ザガードコーワ整腸錠」を愛用しています。
納豆菌、乳酸菌の他、胃の働きを整える成分も含まれています。数ある整腸剤を試してきましたが一番おすすめです。

 

また、体全体の免疫機能の底上げとして、運動も当然欠かせません。

呼吸器系を使う、水泳・ウォーキング・ジョギングがおすすめです。無理な運動には気をつけながらも、運動を日常習慣に取り込むことで、体力・免疫は底上げされ、アレルギー症状→体力の低下→アレルギー症状の悪化→体力の更なる低下…という悪循環に陥ることを防ぎます。

乳酸菌の摂取と体力の底上げで、辛い鼻水を乗り切っていきましょう!(私も頑張りますw)

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ



-人気記事, 蓄膿症、慢性鼻炎