この症状なんだろう.com

気になる症状について解説します。健康・美容のメディアです。

過敏性腸症候群

【実体験】過敏性腸症候群に効く薬や根本治療は?改善方法をまとめました。

2017/02/04

061065

皆さんは原因不明の腹痛に悩まされたことはないでしょうか?

私は社会に出てから、謎の腹痛に苦しむようになりました。

元々快便と言うほどではありませんが、下剤などに頼ったことはありません。

それが便秘になり、お腹にガスが溜まり、胸のあたりもムカムカし調子が悪いと言う症状が出始めました。

最初は内科に行っても、単純に「便秘」と浣腸を処方されただけでした。

しかし、たった一回浣腸を使ってもその場しのぎにしかならず、原因も特定出来ず、お腹の不調に対する不安は消えてくれません。

お腹の不調に悩んでいる方へ、10年間「過敏性腸症候群」とつき合ってきた私の経験が参考になればと思いご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

過敏性腸症候群の症状とは

主な症状に便秘や下痢があります。そして、これに伴いお腹にガスが溜まったり腹痛を起こします。時には激しい腹痛で座っていることも困難な場合があります。

どちらか一方ではなく、便秘と下痢の両方が交互に起きることもあります。(交替型)

ガスが溜まることによる放屁も症状の一つです。

私自身、主に便秘を起こしますが、症状が悪化した時には下痢が起きます。

更に悪化すると酷い腹痛を伴い、自宅で安静にしていると腹痛が治まることもありました。

 

スポンサーリンク
 

そもそも、なぜ過敏性腸症候群になるの?

270403

過敏性腸症候群の原因の多くがストレスと言われています。

腹痛で内科に行っても「原因不明」「症状が改善しない」と言う方で、ストレスに心当たりがある方は心療内科への受診や過敏性腸症候群に理解あるお医者さんをお勧めします。

心療内科は敷居が高いと言う方も多いと思います。

しかし、心療内科はストレスなど精神的なものが原因で起こる体の症状を薬で治す病院です。ストレスが原因で具合が悪くなった場合は「心療内科」が専門と考えてみて下さい。

環境の変化、対人関係のストレスで食欲が落ちたり、毎日憂鬱になることはありませんか?

長期的に続いたり、症状が重く辛い場合は受診してみましょう。

過敏性腸症候群は自律神経失調種の一種で、真面目で几帳面な人が多く罹りやすいと言われています。鬱病などでもよく聞くタイプですが、真面目な人ほどストレスを溜めやすいのではないでしょうか。

 

過敏性腸症候群の薬との上手なつき合い方って?

323241

下痢や便秘、腹痛は症状の重さによっては日常生活に支障をきたしますよね?

先ずこの不安を解消することも大切なことだと思います。

何故なら、体の不調もストレスの原因になるからです。これが悪循環になります。

薬に抵抗がある方も多いかもしれません。

しかし、便秘薬として処方される「酸化マグネシウム」などは、実は妊娠中の女性にも処方されるお薬です。

ストレスで不調が出て苦しむようなら、自分の体に合ったお薬をお医者さんと探してみましょう。

症状が出た時だけの頓服としてでも、持っていると安心感が持てます。

 

薬は様々な種類、合うもの、合わないものがあります

薬の種類は症状に合わせて色々とあります。

下痢の症状だけでも様々なタイプの薬があり、自分に合った薬を処方して貰うことが大切です。中には漢方薬や市販薬もあるそうです。

交替型(主に便秘)の私の一例としては、便の水分量を調節してくれる「ポリフル」が効きにくかったので、軽い便秘の時は「酸化マグネシウム」(カマやマグミット)を使用し量を調節します。

便が柔らかくなるので、硬くて出ないことが防げます。それでも便秘で胸やけなどが起きる時は、「ラキソベロン」を就寝前に使用します。これも液状や錠剤で量が調節出来ます。

下痢や腹痛が酷い時は「ブスコバン」で対処出来ました。ストレスが酷い時には、抗うつ薬も処方されました。

社会に出てストレスで体調を崩した頃、自分に合った薬と言う考えすらなく、ただお医者さんが出してくれる薬を飲んでいましたが、今思えば効果を感じられないまま飲み続けていた薬もありました。

ですから、症状が改善しない場合はお医者さんに必ず相談して下さい。

先に述べたように様々な種類の薬がありますし、合うか合わないかは人によって違います。

 

根本的な治療は?

293877

薬は症状が重い時や、ストレスの緩和の為に必要ですが、根本的な改善を考えてみましょう。

先ず、私が薬を10年間飲み続けたかと言えばそうではありません。ストレスを多く感じない時期は、便秘も起きませんでしたし、ストレスの少ない時期は少量の薬で済みました。

つまり、原因であるストレスの改善が重要です。

環境を変えるのも一つの方法ですし、理解者を得てストレスの緩和をはかることも出来ます。

又、長い目でみるとストレスを溜めにくい「自分」づくりをお勧めします。自分が何にストレスを感じ易いのかを知って、それに関してストレスを感じにくくする行動、考え方を身につけることです。

容易なことではありませんが、ゆっくりでも前に進んでみませんか?

 

毎日の生活での改善方法

115789

自律神経を整える為には、運動が効果的なようです。

激しい運動でなくても、階段を利用する、車での移動ではなく徒歩や電車を使ってみるなど、身近なところから始めてみてはどうでしょうか?

お腹の問題ですから、勿論食生活も大切です。

難しく考えずに、一般的に体に良いとされている物や、お腹にやさしい食べ物を摂ることです。朝食を抜かない、バランスを考えた食事、食物繊維を積極的に摂る等をしてみて下さい。

反対にお酒などのアルコール、珈琲のカフェインはお腹に優しくはないのでご注意!カフェインは、紅茶などのお茶類やコーラなどにも含まれています。冷たい物や刺激物(香辛料、辛味の強い食べ物)も避けて下さい。

生活スタイルも一定に保つよう心掛けてみて下さい。

睡眠時間、食事の時間を毎日同じ時間帯にすることです。就寝前に40度くらいまでのお風呂でリラックスして、眠りにつくのも良いそうです。

自律神経を整えたり、腸内環境を良くすることが目的なので、体に良いことが過敏性腸症候群にも良いことと、覚えておいて頂きたいです。

辛くて薬が手放せない時も、ストレスをすぐにどうにか出来ない時も、毎日の生活スタイルを徐々に見直してみて下さい。

何かを無理するよりも、同時並行で健康的な生活をすることが最も健康的な治療法だと思います。
又、心が健やかでいられる時間を増やすことも大切なことだと思います。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ



-過敏性腸症候群